若石健康法の必須アイテム、若石(RMR)ローラーを販売しています。:ここだけしか手に入らない限定特典があります。

若石健康法とは?といった基礎から、効果、メリット、どんな症状に効果があるのかまで、販売だけではないお役立ち情報を載せています。

*

すごいやつ、その名を第二の心臓と言います。

      2015/04/03

MIYAKO85_kaigandekyakkya20140725500
前回までの記事で
足は第二の心臓ということは何となくわかったかもしれませんが、
きょうはもう少し詳しく見ていきましょう。

まだ、前回の記事を読んでいない方はこちらをどうぞ。
↓ ↓ ↓
「足もみをすると健康になるって本当なの?」
 
 
 

第二の心臓と言われる理由

人の大きな進化として二足歩行になりました。

そして、足は歩く以外にも大きな役割をするようになりました。

それは、筋肉がポンプの役割をして血液を送り出すことです。

だから第二の心臓と言われるんですね。

そして、このポンプですが、
現代社会では昔に比べて使用する頻度が低くなっています。

車や電車、デスクワークが多くなっているので、ある程度仕方ない面はありますよね。

いま60代以上の方は学校に通うのに
山を歩いて越えていったということをよく聞きます。

それに比べたら、どれだけ歩いていないのかということがわかりますよね。
 
 
 

足のポンプが働かないと起こること

血液が循環する時には
・身体に酸素を送り込む
・老廃物を流す
ということを行います。
 
ですが、足のポンプを動かしていないと
この老廃物が流れずに滞ってしまいます。
 
その結果、足がむくんだり、吊りやすくなったりしてきます。
本来心臓から足に行くはずだった血液も、
足の血液の流れが滞っているので
下半身に送り出せなくなってしまいまうのです。
 
 
すると、心臓と足で行っていた機能を
心臓だけで行うようになるので
心臓に負担がかかるようになります。
 
 
 

反射区とは?

反射区は、足にあって人の神経が集中しているものです。

よく、ツボと言われたりもします。
厳密には少し違うのですが、基本的にツボと理解して頂いて大丈夫です。

この反射区は各器官と対応していて、対応する器官の変化に、反射的に変化するのです。
少し神秘的な感じなのですが、反射区を刺激すると、その対応する器官に反応が起こります。

調子が悪いところであれば、そこに対応する反射区を刺激することで回復が早くなります。
hansyazu1
これが反射区です。
 
なので、調子が悪いと思ったときには、それぞれの部分を刺激してあげてくださいね。
 
 
手軽に足もみをするならこれがオススメです。
↓ ↓ ↓
「1回10分でプロの足もみを体験する方法」

 - 下半身

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした